後進国日本

後進国日本

開国から明治維新にかけて、草野丈吉の自由亭のように、西洋料理店が次々にオープンしました。まさに雨後のたけのこと言ってもよいぐらいでした。それだけ、需要があったと言うことでしょうし、西洋料理の技術が急激に流入し、広まっていったのです。

 

ただし、肉食の習慣は一般大衆にはまだまだ根付いていませんでしたし、そもそも西洋の食事というだけで忌避するような日本人も多かったと言われています。ですから、西洋料理店をオープンさせても、商売をしっかりと軌道に乗せるまでは至らない店も多かったようです。

 

日本政府は、国家の体制を整備することをすすめると同時に、西欧列強と対等な関係になるためにやっきになっていました。有名な「富国強兵」というスローガンの元、西洋化を進めるのです。

 

鎖国によって日本は、世界全体の進歩からすると大きく後れをとっていました。世界的には先進国の後塵を拝していましたから、不平等条約を結ばされたり、ということもあったのです。文化の面においてもとにかく西洋のものを吸収する必要があったのです。

 

恵比寿 カフェ
恵比寿 日本料理 賛否両論