単なる手抜きとなった料理

単なる手抜きとなった料理

世界の料理の話題のほぼ中心にヌーベル・キュイジーヌの料理がありましたが、これは1970年代に作られた『ゴー・ミヨー』の宣伝効果のおかげでもあります。

 

この宣伝のおかげで、現在、フランス料理ということで思い浮かべる料理は、ほとんどのものがヌーベル・キュイジーヌ流のフランス料理となっています。やはり、この「ゴー・ミヨー」の影響力はかなり大きく、それまであったフランス料理のイメージを大きく変えたということが言えます。

 

しかし、このヌーベル・キュイジーヌは、評論家からの賛否両論がありました。それはあまりに伝統的なフランス料理から外れていたものもあったからです。とにかく軽ければヌーベル・キュイジーヌということを言いだす料理人も出てきてしまい、玉石混淆となってしまいました。例えば、肉を塩味で焼いただけのものをヌーベル・キュイジーヌと言いだすなどです。伝統的な技法をもとにして、新しいエッセンスを加えたものならばまだしも、こうしたものは単なる「手抜き料理」とも言えるものです。ロワゾーであっても、味よりも軽さを重視している料理があるとのことです。

 

築地で寿司ならつきじすしまる