ボキューズと懐石料理

ボキューズと懐石料理

ボキューズは、ヌーベル・キュイジーヌの旗手であり、ヌーベル・キュイジ―ヌの中でも代表的な料理人です。ボキューズは軽い料理を作ろうということで、より素材を活かしていました。そして、フランス料理だけではなくて、他の国の料理についてもよく勉強しています

 

1972年に大阪にある辻調理師専門学校にボキューズは招かれて、学生にむけて、ヌーベル・キュイジーヌの技法を講義しました。そして、この時の来日が、ボキューズにとって、後々、かなり大きな意味を持ちました。

 

それは、より素材を活かした料理をボキュ―ズは求めていたのですが、日本に来て、懐石料理というものに出会って、軽い料理についてかなり大きなヒントを得ました。そして、そこからヌーベル・キュイジーヌを進化させて、より軽さを追い求めることに成功しました。ボキューズの他にヌーベル・キュイジーヌを代表する料理人は、ベルナール・ロワゾー、アラン・サンドラスといった、三ツ星のシェフがいます。ロワゾーは自分の料理を「水の料理」と呼び、バターやクリームを使わないという料理方をしていました。

 

大宮 居酒屋 和食なら吉草