軽ければそれでよい?

軽ければそれでよい?

1970年代には、『ゴー・ミヨー』の宣伝効果もあり、ヌーベル・キュイジーヌの料理は、世界の料理の話題のほぼ中心にあったと言っても過言ではありません。その影響力はすさまじく、フランス料理の従来のイメージをすべて払しょくしたと言ってもよいでしょう。今われわれがフランス料理と言って思い浮かべるのは、おそらくヌーベル・キュイジーヌ流のフランス料理でしょう。

 

しかし、中には伝統的なフランス料理からはあまりにも外れているものがありました。こうした中で、評論家からの評価も、賛否両論巻き起こりました。

 

伝統的な技法をもとに、新しいエッセンスを加えました、というのであればまだわかるのですが、例えば肉を塩味で焼いただけのものをヌーベル・キュイジーヌと言い張る輩が出てきたのです。軽ければヌーベル、というようなインチキまがいのものもあり、玉石混淆の状態になってしまったのです。

 

よく知られたロワゾーにしても、あきらかに味よりも軽さを重視している料理があります。これでは単なる「手抜き料理」です。

 

市川市 ステーキ
ステーキハウス ビーエム