日本でのフランス料理

日本でのフランス料理

「ヌーベル・キュイジーヌ」は、ポワンの弟子たちによって作られましたが、1960年代からこれがフランス料理の世界を大きく席巻しました。そして、この時代はヨーロッパ修行第一世代とも言われていて、日本のコックたちが続々と海外修行に行き始めた頃でもあります。

 

トロワグロ兄弟の店で修業していたのが、「アビシウス」「パ・マル」の高橋徳男で、クロード・ペローの「ヴィヴァロワ」で修業していたのが斉須政雄や石鍋裕などです。こうしたフランスのお店で数年修行した後、彼らは日本に戻って活躍します。それが1970年代で、彼らが新たなフランス料理を持ちこみ、ポワンの流れを汲むフランス料理が日本にも根付きました。

 

さらに大阪の辻調理師専門学校が1972年にポール・ボキューズを日本に呼び、講演会を行いました。最新の調理法などについての講演であったのですが、ホテルオークラの総料理長もその講演には出席していたとのことです。フランス料理は、日本に実に大きな影響を与えましたが、同時にボキューズと日本の出会いは、フランスにも大きな影響を与えていました。

 

美味いロティサリーチキン