ポワンの方向性とは

ポワンの方向性とは

フェルナン・ポワンはヌーベル・キュイジーヌの祖とも言われ、ヌーベル・キュイジーヌを作り上げたのですが、しかし、基本的にはヌーベル・キュイジーヌのイメージにある「軽さ」というものとは、ポワンは方向性は大きく違っていました。

 

ポワンは「もっとバターを」という発言をしていたりして、その料理の理想というものは、軽いというものが特徴のフランス料理とはかなり異なるものを持っていたようです。しかし、ポール・ボキューズという天才料理人が現れて、ヌーベル・キュイジーヌはより本格的になっていって、より大きなムーブメントとなりました。

 

こってりとしたソースで食べるというような、ボリュームのある料理が、それまでのフランス料理であったのですが、ヌーベル・キュイジーヌの場合は、素材そのものの味を活かそうということで、加熱時間を短縮し、バターの脂分を減らして、調理する手間を少なくするというのが、そのコンセプトです。

 

なので、ボキューズは、こうしたフランス料理の重厚なイメージをなくする為に、「軽さ」という言葉を打ち出しました。