ボキューズと日本の出会い

ボキューズと日本の出会い

ポワンの弟子たちによって勃興した「ヌーベル・キュイジーヌ」の流れですが、これが特にフランス料理の世界を席巻したのは、1960年代からです。この時代は、くしくも日本のコックたちが海外修行に出始めたころでもあります。ヨーロッパ修行第一世代などとも言われます。

 

「アビシウス」「パ・マル」の高橋徳男などは、トロワグロ兄弟の店で修業していたり、斉須政雄や石鍋裕などは、クロード・ペローの「ヴィヴァロワ」で修業していたことが知られています。

 

彼らは、数年の修行ののち、日本に戻ってそれぞれが活躍します。その時代が、1970年代です。そのことで、日本でもポワンの流れを汲む、新たなフランス料理が根付くようになりました。

 

さらに、1972年には大阪の辻調理師専門学校がポール・ボキューズを呼び、最新の調理法などについての講演会を行いました。そこには、なんとホテルオークラの総料理長も出席していたと言いますから驚きです。

 

こうして、フランス料理は日本に多大な影響を与えたのです。しかし、同時にボキューズと日本の出会いは、フランスに思いもよらぬ大きな影響を与えることになります。

 

台東区 内科
東京都台東区にある病院,医院の一覧です | 医者ここ