肉を食べなかった日本人

肉を食べなかった日本人

日本料理における西洋料理の流れとをみると、いろいろなルートがあるようで、中国から入ってきた物や、どこからか流れついた外国人によって伝えられたものがあります。こうしたものは、はっきりとした歴史として認められていませんが、しかし、かなり古いものであることがわかっています。

 

歴史的にはっきりとわかっていることとしては、長崎にポルトガルの船がやってきた事を始まりとしています。江戸時代はすべての人を寺に所属することを義務付けました。これは幕府がキリスト教を排除する目的で「寺請制度」ということを行ったからなのですが、しかし、これによって日本人総仏教徒制度となり、これが原因となり、日本人全体で肉食は食べないということになりました。

 

これにより日本では仏教文化を貴び、多くの人が仏教の教えから、獣肉を食べることは、厳しく禁じられていました。なので、7世紀からは獣肉を食べることは禁じられていたのですが、しかし、馴染のない西洋料理が日本に入ってきて、主食やスープには、動物の肉が欠かせない為に、日本人にはかなり受け入れがたいものでもあったようです。しかし、伝統的に猟師の料理には、肉は食べられていました。

 

応援ジャパン