出島で作られていた西洋料理

出島で作られていた西洋料理

江戸時代までは部分的ではありますが、日本にもいくらか西洋料理が入ってきてはいました。しかし、政府によってそれが公に求められるという事はなかったのですが、これは主に、肉食の禁止という仏教思想があった為です。そして、文明開化が起きたことによって明治時代から、この肉食の禁止が解かれました。

 

江戸時代の日本では、鎖国していた為に、ほとんど外国の文化はなかったのですが、しかし、唯一、長崎の出島は、貿易が認められていて、外国の文化が入ってきていました。なので、出島だけ貿易が認められていて、日本で唯一、外国の文化が存在していた場所であったようです。

 

貿易の為に日本に駐留する外国人に、食事として西洋料理を提供する必要があったのですが、メインコックの他に下働きとして、西洋料理の技術を学んだ日本人もいたとのことです。もちろん、メインとなるコックは西洋人でした。しかし、この時作られた西洋料理というのはレベルの高い本格的なものを作ることは難しく、限られた料理しか作れなかったようです。何しろ、元から本場の食材は手に入りづらかったとのことです。

 

銀座で薬膳鍋なら