牛鍋

牛鍋

フランスの封建制の時代に、宮廷料理と一般大衆の料理が全くの別次元であったように、文明開化の明治期においても、一般大衆と富裕層との格差は現代において考えられる以上に開いていました。国策によって西洋料理は加速度的に広まっていましたが、しかし、庶民の口に入るほどには広まっていませんでした。ただし、庶民の間では独特の食文化が花開きました。その象徴となるのが牛鍋です。言わずと知れた、すき焼きの原型ですね。

 

西洋料理は、一般の日本人すべてに受け入れられたわけではありませんでした。食習慣、そして味覚の好みは厳然として存在していたことがその理由です。

 

ですが、肉食の文化そのものは西洋料理でなくても流用できるものでしたので、農耕用に飼育していた牛を、日本的な味付けでもって味わうという牛鍋は、多くの日本人の舌に合ったわけです。

 

牛鍋の発祥については、正確なところは謎です。しかし、明治に入る前にはすでに、大阪に牛鍋の店はあったとされていますし、福沢諭吉はそこの店の常連だったことが知られています。

 

表参道 美容院
LUCENTE-ルチェンテ: 和光市 朝霞市の美容室